さなぎはいつかアゲハになる

「一ミリの努力」を出来る人が結果を出せる 井村雅代コーチのこの言葉が好きです。

話題のレスベラトロール

雑学

孤独のグルメ 魅力

投稿日:

久住昌之さん原作のドラマ 孤独のグルメ

現在シーズン7が放送中ですが、私は現在シーズン1から順番に見ています。

漫画の方も購入して読みましたが、漫画とドラマとではだいぶ主人公の井之頭五郎の性格、食べっぷりが違いますね。

それぞれに良さというか味を感じます。
個人的には、どんなお店、どんなシチュエーションでもパワフルに食べる松重豊さん演じるドラマの孤独のグルメが好きです。

ただ、通常のグルメのドキュメンタリーと違って、このドラマの魅力は、紹介されたお店に行ってみたいなぁというんじゃなくって、五郎さんの食べっぷりと深層心理の見事な描写だと思いました。

確かにおいしそうなんですが、でもだからといってそのお店に行ってみようとは思わない。それよりもお店選びや入店した後のメニュー選び、実際に食べてる時の感想。その過程と心理が実に臨場感がある。

改めてその心の描写の魅力とは何だろうと思ったら、五郎さんの感想の言葉。全く専門的な用語も出てこないし、美味しいとか、これはありだ、とかそういったごくごく我々が実際の食事でもよく感じる感想。
でもだからよけいに共感持てたり臨場感を感じたりするのかなぁ。

その心の描写を通じて料理がどんな味でとかあまりよくわからない。
でもそれが全く気にならない。
逆に、この料理の素材はどうで、どうやって調理するとかそういったうんちくネタは邪魔。

通常お店で料理を食べるときはよほどのことじゃないと事前の情報とかはないし、どういった食材かというのも専門家でなければわからないもの。
そうじゃなくってとにかく食べてどう感じるかが我々目線で見事に表現されてる。
かつ、実際に他人がどう思いながら料理を食べているのか、こういうのって実はのぞき見感覚もあって人間って知りたがるもの。そういった本能的な興味をうまーくくすぐるドラマ作りになってる感じです。

でも、よーく観察すると、素人ではなかなか思いつかないようなウィットにとんだダジャレが平易に要所要所に織り込まれていて思わず笑ってしまう。

なんとも不思議なドラマ。

昔、萩本欽一さん(欽ちゃん)のバラエティー番組でも出された食事をどういった順番で出演者が食べるのかというのがありましたが、あれとちょっと似たような魅力を感じます。

現在シーズン4の途中まで見ましたが、ストーリーとしては、五郎さんがいろんな町に仕事がらみで現れて、突然お腹が減って、その街で飛び込みで魅力的な地域密着型の小料理屋を訪れ、舌ずつ身を打つ。

いわばワンパターンなんですが、全くマンネリ化することなく毎回新鮮です。

これからもずーと続いてほしいシリーズですね。

さて、土の結果です。
超短眠246日目
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
本 眠:00:00-04:20(04:20)リビング 床
仮眠1:06:44-08:30(01:46)リビング 床
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

朝食をたっぷり食べたら睡魔が出てきたので軽く5分仮眠をしようと思ったのに、ついつい本格的に寝てしまいました。

-雑学
-, ,

執筆者:

関連記事

確定申告の締め切り目前・・・

まだ大丈夫かなぁ~~と余裕をこいていたら、もう来週確定申告の締め切りが目前に迫ってしまいましたぁ(*´Д`) 今回は、ふるさと納税もしたのでそれも反映しないと。 これって所得税も減税になりますが、それ …

お墓掃除代行業

週刊現代に、65歳からの楽しい仕事という特集がありました。 ちょっと面白いのがお墓掃除代行業 お墓が遠方にあるため、掃除とかお墓参りとか行きたくてもいけない、したくてもできない。そんな方に代わってお墓 …

空腹を紛らわす

だれしも、お腹が減ってどうしようもなくなる瞬間って経験しますよね。 で、その時に目の前においしそうな食べ物があれば衝動的に食べてしまいますが、身近にそういった食べ物がない時はどうしますか? 答えは我慢 …

佐川宣寿

昨日は参議院、衆議院両方の証人喚問をテレビで観ました。 佐川宣寿 前国税庁長官の巧みな答弁もあって、野党の議員さんからもあったように証人喚問の意味は全くない感じ。 一番共感持てたのは野党議員のこのよう …

令和 発音

ついに令和頑年になりました。 メディアでは嫌というほど令和の話題一色。 私が感じたもろもろのこと。 前の天皇とか新しい天皇とかって表現するけど、平成天皇とか令和天皇とかって言っちゃだめなのかな? 平成 …



管理人の「ひで」です。(・∀・)都内某所で駐車監視の仕事をしている50代です。どこでもいつでも寝れるのが取り柄ですが、最近は、信号待ちで意識を失ったりも・・・睡眠を自己コントロールするのが今の課題です。

アーカイブ