さなぎはいつかアゲハになる

「一ミリの努力」を出来る人が結果を出せる 井村雅代コーチのこの言葉が好きです。

睡眠

運動の後に眠くなるのは疲労ではない

投稿日:

会社帰りにジムに寄って汗をかいたり、子供の運動会で徒競走に参加して久しぶりに思いっきり走ったり、そういった運動の後に眠くなることって経験ありますね。

これって体を動かしたことからくるものだと思っていましたが、どうもそうではないそうです。

運動の後の眠気は、疲労からではなく、運動によって得られた筋肉の動かし方や反射を記憶するためなんだそうです。(堀大輔さんの書籍より→3秒で頭が冴えるすごい方法 眠気を取り脳を活性化させる

睡眠中に、重要だと思う情報を脳が記憶するといったことを聞いたことがありますが、情報だけではなく筋肉の動かし方や反射の情報も睡眠中に記憶するんですね。
言われてみれば、記憶を情報だけに限定する根拠って無いですから、筋肉の動かし方や反射を記憶するというのも十分ありえることです。

この運動を記憶するために怒る眠気は勉強で得られる情報の記憶よりも強力で、睡眠中の筋肉の弛緩も強いので、5分程度の仮眠に留めるのがポイントとのこと。それ以上だと筋肉が弛緩してしまい、予定した以上に眠ってしまう危険があり睡眠がコントロールできない。

これを知って、ああそうだったのかとそれまで疑問に思っていたことが少しわかったような気がしました。
私の場合、日中は歩き通し。途中の昼休みでは5~10分以内の仮眠でもスッキリします。会社なので無意識で緊張感があるせいか寝過ごすことはありません。
ところが疲れて帰宅したあと自宅で取る仮眠はしばしば予定外の長時間寝てしまうことが多くて悩んでいました。

まずは、5分以内の仮眠を取れる感覚を養うこと。これを意識してみようと思います。

さて、木曜日の結果です。
超短眠62日目
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
本 眠:03:40-05:10(01:30)○ 布団
仮眠1:06:20-06:50(00:30)○ 机
仮眠2:13:15-13:25(00:15)○ 会社
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
○:熟睡。△:ほぼ熟睡。×:意識あり

-睡眠
-, ,

執筆者:

関連記事

夜中に必ずトイレに起きる30代知人の話

前回は、朝目覚まし時計なしでも必ず5時に目が覚める知人の話をしました。 そして今回は、夜中に必ず1度トイレに起きる30代前半の会社の知人の話を紹介します。 その前にですが・・・ 人の睡眠事情って本当に …

眠気を覚ます即効性のある方法

以前紹介した樺沢紫苑先生の本(⇒イラットしたりカチンとした人に遭遇した時の対処法) でやってみて効果を実感しました。 それは、「運動リセット術」という方法で、机で仕事や勉強をしていてうとうとしそうにな …

電車内で寝ない方法

長年の懸案事項でした。 座ったら最後。あと一駅ということで油断して寝てしまい乗り越してしまうこともしばしば。 困ったことに、寝てしまうと必ず左右どちらかに傾いてしまうので、横にひる人に迷惑がかかること …

座り方で眠気が変わる

姿勢の良い石の座り方ってもしかしたら会社とか学校とかで微妙に違うかも。 ちなみに私が務める会社だと、お尻はきっちり椅子の奥まで詰めて背筋を伸ばすのが良しとされます。 ですが、眠気が起こりにくい座り方が …

寝る前の軽い運動で疲れが取れる

睡眠関連の記事などを読むと、寝る前に軽いストレッチなどの運動をするとぐっすり眠れて疲れが取れるという内容を目にします。ところが、現実には睡眠で疲れが取れるのではなくて、軽い運動で取れるということもある …



管理人の「ひで」です。(・∀・)都内某所で駐車監視の仕事をしている50代です。どこでもいつでも寝れるのが取り柄ですが、最近は、信号待ちで意識を失ったりも・・・睡眠を自己コントロールするのが今の課題です。