さなぎはいつかアゲハになる

「一ミリの努力」を出来る人が結果を出せる 井村雅代コーチのこの言葉が好きです。

睡眠

電車内で寝ない方法

投稿日:2017年10月29日 更新日:

長年の懸案事項でした。
座ったら最後。あと一駅ということで油断して寝てしまい乗り越してしまうこともしばしば。

困ったことに、寝てしまうと必ず左右どちらかに傾いてしまうので、横にひる人に迷惑がかかること極まりない。おおっぴらにトラブったことこそありませんが、小突かれたことは数知れません。流石になんとかしないとと思い、以後は席が空いていても、立っていて前の席が相手も座らないようにしていました。

立っていれば寝ないだろうと思いきや、立ったままでもウトウトが止まりません。立ったまま寝てしまい、よだれが危うく目の前の据わった乗客の頭に掛かりそうになりヒヤッとしたこともあります。あるいは、立ったまま寝てしまい、頭が思いっきり前に傾いた際に目の前の壁に激突して大きな音で目が覚めるということもありました。ということで、立っていれば大丈夫ということでもない。そのうち出入り口の取っ手に目をぶつけて失明するのではないかという不安も出てきました。

が、今回、超短眠の本を購入したのをきっかけに、何か工夫しないとということで考えました。思いついたのが途中駅で一旦降車して車外に出たらどうか?ずーと車内にいるという意識が閉塞感で寝てしまう原因になっているのかも。一旦電車を降りてあたかもその駅から乗ったような錯覚を脳に持ってもらえれば起きていられるのではないか。
できるかどうかはわかりませんが、今までやったことがなかったので試しにやってみました。
結果は。

 

成功です。
帰りの電車でやってみたら、途中、ウトウトもすることなく、最後まで起きていることができました。やってみて発見したのが、意外と車内が混んでいると乗っている場所によっては出るのが難しいということでした。駅によっては開く扉が左になったり右になったりするので、反対側の位置で立っているとあまり乗客が降りなかったりすると降りにくいということもありました。こういった場合は、無理に降りて周囲の客に迷惑がかかるのは問題なので必ず降りるということにはこだわらずに、できるだけ可能である限り降りるというように若干微調整しました。

たまたまやってみた試みがたまたま成功しただけなのか、あるいはこれからも成功するかどうかはわかりませんが、とりあえず明日からも継続して見たいと思います。

もし、これで電車内で起きていられるようなら、徐々に降りなくても起きていられるようにして、最終的には座っても眠らずに入れるようにできればと思います。

 

電車の中ではまず寝ないという人にとっては、なんともバカバカしく聞こえるでしょうが、私にとっての長年の懸案事項であることには代わりありません。なんとか克服したいです。

 

さて、昨日から実行している超短眠法の一つ。自分の睡眠を記録する、をやってみました。

短眠トライ1日目
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

本眠:00:30-05:00(04:30)
二度寝
仮眠1:12:40-12:55(00:15)

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

不覚にも初回から二度寝してしまいました。
机で座っているときに、いつの間にか突っ伏して寝てしまったようで入眠の状況は全く記憶がなしです。それでも起きたときにそのまま起きていればよかったのですが、4時に起きてしまったと思ったあと、すごい寒さを感じ、リビングのソファーに座って毛布をかけて温まろうとしたのが良くなかった。そのまま1時間ほどそのまま寝てしまいました。

同じ状況の場合は、毛布であたたまるのではなく、腕立て伏せをして体を温めようと思います。なお、お昼の仮眠は15分間だけでしたが、途中で記憶をなくす深い仮眠ができたので成功です。

初日としては残念な結果ですが、これ以上ないという結果と思えば次回からはステップアップできるのでとにかく記録し続けようと思います。

-睡眠
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

起床ホルモン

朝起きた時に頭がすっきりしない、眠気が残る、とかですっきり起きれないときもあれば、睡眠時間が少なかった割にはすっきりと起きれたという日もありますね。 人間にはもともと起床ホルモンというものがあって、そ …

眠くなってから飲むコーヒーは効かない

コーヒーは眠くなってから飲むものだとばかり思っていましたが、堀大輔さんの本によれば、逆だそうです。 眠くなってからでは効果はなし。カフェインは睡眠物質のアデノシンが受容体に吸着するのを防いでくれますが …

夜中に必ずトイレに起きる30代知人の話

前回は、朝目覚まし時計なしでも必ず5時に目が覚める知人の話をしました。 そして今回は、夜中に必ず1度トイレに起きる30代前半の会社の知人の話を紹介します。 その前にですが・・・ 人の睡眠事情って本当に …

酒を飲んで寝るのは気絶と同じ

お酒を飲んで酔っ払ったまま寝ると、翌日、妙に寝不足になるという経験ありませんか? ショートスリーパー育成教会理事長の堀大輔によると、アルコールは先進を倦怠感に包み込むだけでなく、のうのう大脳皮質を麻痺 …

エスキモーのトイレ事情

短眠、いわゆるショートスリーパーというのは、一般の人からすると疎まれやすいかと想像します。いまだに睡眠はたっぷりとるのが理想で、できれば一日7時間欲しいといったイメージが流布しているように思うので。 …



管理人の「ひで」です。(・∀・)都内某所で駐車監視の仕事をしている50代です。どこでもいつでも寝れるのが取り柄ですが、最近は、信号待ちで意識を失ったりも・・・睡眠を自己コントロールするのが今の課題です。