さなぎはいつかアゲハになる

「一ミリの努力」を出来る人が結果を出せる 井村雅代コーチのこの言葉が好きです。

睡眠

黒柳徹子

投稿日:

雑誌 女性セブンで黒柳徹子さんのユニークな睡眠方法が紹介されていました。

「夜11時過ぎに、顔も洗わず洋服だけ脱いでそのまま寝る。3時間ほどで、一度目が覚めてるから、原稿書きなどの仕事をする。それから、もう朝方ですけれど、メークを落として、お風呂に入って、そういうのをやってからまた寝る」とのことです。

二度寝は、一端起きたものの眠気が消えず、そのままもう一度寝ることですが、これは一端目が覚めた後にひと仕事して、それから本格的に寝るという変則的な二度寝の亜種ですかね。

この件について、睡眠の専門医 雨晴クリニック副院長の坪田聡先生によると、二度寝はストレスやうつ症状を緩和する効果があるそうです。

たまたま、坪田先生の本を読んでいたのでビックリしました。


脳が突然冴えだす「瞬間」仮眠 (SB新書) [ 坪田聡 ]

なんとなく常識だなぁと思っていたことが実は誤解だったりすることってありますが、先生の本を読んで改めて睡眠に関する自分の「思い込み」があるのを知りました。

年を取ると眠りが浅くなり長時間寝ることができずよく目が覚めるといいますので、この眠り方はあくまでも黒柳さん固有の方法だと思ったほうがよいかもしれませんす。無思慮に自分に都合がいいからと手を出すと実は正しいやり方じゃなかったというのはダイエットなどでもありがちですから。

ちなみに私は、一度布団で寝たら、まず途中で目がうっかり覚めてしまうということはありません。翌朝までそれこそ見た夢をまったく覚えていないほど熟睡します。

ちょっと黒柳さんが羨ましいと思ってしまう記事でした。

-睡眠
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

夜中に必ずトイレに起きる30代知人の話

前回は、朝目覚まし時計なしでも必ず5時に目が覚める知人の話をしました。 そして今回は、夜中に必ず1度トイレに起きる30代前半の会社の知人の話を紹介します。 その前にですが・・・ 人の睡眠事情って本当に …

睡眠と聴覚

朝起きて二度寝することは少なくなりましたし、夜、いつの間にか寝落ちして気づいたら明け方ということも少なくなりました。 が、以前だめなのが、起きようと思った時間に起きれないということ。 私の場合、現在は …

お酒を飲んで寝ると気絶と変わらない

お酒を飲んだ翌日眠気を普段よりも感じるのは、お酒に入っているアルコールが脳の大脳皮質を麻痺させるからだそうです。 このため、睡眠をとっても脳が認識しないため、飲んだ翌日の睡眠で不足した睡眠を補おうとし …

手足を温めすぎると眠気が出る

冬でもエアコンは極力使わずに電気代を節約したいという方多いんじゃないでしょうか? 我が家でも新年に入ってもいまだに暖房を使っていません。 エアコンのスイッチ管理はすべて嫁さんが握っていてまだOKが出ま …

眠気覚ましのカフェイン効果をさらにアップする方法

眠気覚ましの手っ取り早い飲み物といったらコーヒーですよね。 コーヒーに含まれるカフェインが眠気を取り除いてくれるからですが、コーヒーを飲んだときはしばらく目が覚めるけれど、また眠気が襲ってくるという経 …



管理人の「ひで」です。(・∀・)都内某所で駐車監視の仕事をしている50代です。どこでもいつでも寝れるのが取り柄ですが、最近は、信号待ちで意識を失ったりも・・・睡眠を自己コントロールするのが今の課題です。