さなぎはいつかアゲハになる

「一ミリの努力」を出来る人が結果を出せる 井村雅代コーチのこの言葉が好きです。

睡眠

お酒を飲んで寝るのは睡眠ではなくて気絶

投稿日:

お酒を飲むとよく眠れるという話を聞きますが、その一方で、前日深酒をして10時間近くも寝たのに翌日まだ寝たりなくて、日中眠くて仕方がない。そんな経験をされたことがある方も多いのでは。

実は、お酒を飲んですぐ寝てしまうと、それは睡眠ではなくて気絶したのと同じようなことなんだそうです。つまり、脳波睡眠をとったという認識がないために、翌日根足りない分を埋め合わせようと長時間寝てしまうことにつながるのだそうです。

それを自でいくような経験を週末しました。
嫁さんの実家でアルコール入りコーラの新商品を飲んだのですが、

これがなんとアルコール度数が9度。

飲みやすいだけにどんどん飲んでしまいました。

そのせいもあって、帰宅後ちょっと床に横になったとたんに記憶を失い、そのまま数時間寝落ちしてしまいました。
いったん起きて入浴したものの、結局眠気はまた復活して、そのまま朝まで寝落ち。最終的には、入浴前の寝落ち分も含めると8時間もたっぷり横になってしまいました。

酒はめったに飲まないし、飲んだら飲んだで調子に乗って飲みすぎてしまうたちなので、できるだけ飲まないようにはしていましたが、逆に久しぶりに飲むとやっぱり駄目ですね。

こういう時は、飲んでから寝るまでにできるだけ時間をおいてアルコールを抜けるだけ抜いてから休むようにしないと。とはいえ、なかなか難しいですが。

さて、日曜日の結果です。
超短眠194日目
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
本 眠:23:00-05:30(06:30)リビング
仮眠1:16:38-16:45(00:07)リビング
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
数値は本文のお酒を飲んだ日の前日の数値なのでリンクしておりません。

-睡眠
-,

執筆者:

関連記事

お酒といびき

普段はいびきをかかないのに、お酒を飲んだ日はいびきをかきやすいってありませんか? これには原因がありました。 アルコールには喉や舌の筋肉を緩める働きがありました。 この喉や舌の筋肉が緩まることで起動が …

寝る前の酒は睡眠じゃなくて気絶?

寝酒は健康に良いといいますが、限度を超えた量だと逆効果のようです。 アルコールは脳の前頭前野を麻痺させて脳の大脳皮質を麻痺させる効果もあるとのことです。堀大輔さんの本にあってちょっとびっくりしました。 …

寝る前の軽い運動で疲れが取れる

睡眠関連の記事などを読むと、寝る前に軽いストレッチなどの運動をするとぐっすり眠れて疲れが取れるという内容を目にします。ところが、現実には睡眠で疲れが取れるのではなくて、軽い運動で取れるということもある …

お酒が強くなるように、短い睡眠で大丈夫になる

もともとの肝機能の違いはあると思いますが、私はもともとお酒が弱い。勝手に遺伝だと思っています。親父が酒に飲まれるタイプで自分もそうだと思っています。 そんな私でも、30歳の頃。10年以上交際していた女 …

睡眠中は体温が1度下がる

起きているときと寝ているときとでは思った以上に体の環境が違います。 その一つが体温。 起きているときより睡眠中は大体1度ほど体温が下がるそうです。 体温が下がる=免疫力が下がる ということなので、お風 …



管理人の「ひで」です。(・∀・)都内某所で駐車監視の仕事をしている50代です。どこでもいつでも寝れるのが取り柄ですが、最近は、信号待ちで意識を失ったりも・・・睡眠を自己コントロールするのが今の課題です。

2019/01/23

道案内

2019/01/23

乾布摩擦

2019/01/20

放置駐車

2019/01/19

約束のネバーランド

2019/01/19

短眠 コツ