さなぎはいつかアゲハになる

「一ミリの努力」を出来る人が結果を出せる 井村雅代コーチのこの言葉が好きです。

話題のレスベラトロール

健康

静止疲労はストレッチで解消される

投稿日:

デスクワークをしていると肩とか腰とかに疲れが溜まりやすいですね。

同じ疲れでも長時間動かないことによる疲労と、激しい運動をすることによる疲労は違います。
この2つ、疲労の癒やし方も違うんですね。

激しい運動のあとは、体を動かさずにゆっくり休むのが良いのはわかりますが、デスクワークの疲労もともするとたっぷり眠れば疲れが取れると思いがち。

ところが、この静止疲労は逆に体を動かすと取れるそうですよ。

わかりやすいところだと、電車長時間座りっぱなしだと最初は居心地が良かったのが、段々と疲れというか違和感を感じてきますが、駅について下車すると、さっきまでの不快感はなんだっとのかと思うほどスッキリした経験があります。

長時間静止疲労がたまったあとに寝る時は、寝る前のストレッチが効果的といいます。
この場合は、ストレッチをすることで質のいい睡眠を取れるということもありますが、すでにストレッチすることで静止疲労が取れてる場合が多いんですね。
軽いジョギングとか室内での筋トレなんかも効果的です。

さて、昨日の結果です。
超短眠59日目
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
本 眠:00:30-04:30(04:30)○ リビング
仮眠1:12:50-12:57(00:07)○ 会社
仮眠2:20:00-20:15(00:15)○ キッチン
仮眠3:00:50-01:50(01:00)○ 机
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
○:熟睡。△:ほぼ熟睡。×:意識あり

-健康
-, ,

執筆者:

関連記事

寝返りしやすい枕の高さ

サンデー毎日の生地で、寝返りしやすい枕の高さが紹介されていました。 寝ているときにしているであろう寝返りですが、これによって血液、リンパ液、間接液などの体液循環が促されているそうだとか。体温調節にも関 …

誤嚥性肺炎

日本の死因の第3位が心臓疾患から肺炎に入れ替わりました。 肺炎はお年寄りが寿命が来てかかる病気。 そんなイメージで勝手に思っていましたが、肺炎の原因が誤嚥性肺炎というのを知っていましたか? 飲み込む力 …

信号待ちで尿漏れ対策

今朝のラジオで、尿漏れ対策の話がありました。 信号待ちの時に肛門をきゅっと締める運動をする。これを一日2回しましょう。 これ、以前も聞いてて三日坊主で終わってた・・・ 今日からまた再開しないと。 さて …

おならが止まらない

おならが止まらない。 若い方からしたら冗談のように聞こえるかと思うが、現実に加齢とともにこういった困った事態に悩んだりした。 最初はどうしてだろう? と、自分で自分を信じられなくなったりしたもんです。 …

副交感神経を活発にする「爪もみ」

小林弘幸先生の交感神経の本 なぜ、「これ」は健康にいいのか? 副交感神経が人生の質を決める [ 小林弘幸(小児外科学) ] とても参考になりますね。 今までダイエットや糖質制限の事ばかりで自律神経につ …



管理人の「ひで」です。(・∀・)都内某所で駐車監視の仕事をしている50代です。どこでもいつでも寝れるのが取り柄ですが、最近は、信号待ちで意識を失ったりも・・・睡眠を自己コントロールするのが今の課題です。

アーカイブ