さなぎはいつかアゲハになる

「一ミリの努力」を出来る人が結果を出せる 井村雅代コーチのこの言葉が好きです。

雑学

イラットしたりカチンとした人に遭遇した時の対処法

投稿日:2017年7月27日 更新日:

スポンサーリンク

駐車監視員をしていると、日常的にドライバーから誹謗中傷を言われます。
が、そういった言動にいちいち反応していては仕事になりません。
わかってはいても、意識しないとついつい売り言葉に買い言葉、挙句の果てには攻暴事案にまで発展してしまいます。

そうならないように、何か良い方法、対処法は無いかなぁと思っていましたが、精神科医の樺沢紫苑先生のブログにそれにぴったりな記事がありました。

そういう人も入るよね

イラットしたり、カチンときたら、相手に意識を向けず、こう思って直ちにスルーする。
いろいろ経験したり、あれこれ考えた結果、これが一番良い対処法だというのが実感としてわかりました。

逆に、この人は何でこういうことを言うんだろう?そこまで言われるいわれはないんじゃないか?などと考えてしまうと、どんどん相手に対する疑問や憤りのループにはまってしまいます。所詮他人の考えていることは本人でしかわからないもの。あるいは本人でも自分の取った言動の理由を逐一わかった上でしているとはいえませんから。それについてあれこれ考えたところで答えは見つからないし、納得できるとは限りません。
こんなときは、そこに立ち止まらずにサクットするーする。
これが一番です。

街を歩いていると、たまに人がはいた唾や、おそらくは昨晩泥酔した人がはいたであろう吐瀉物を発見したりします。
発見したときは一瞬不快な気持ちになりますが、その気持ちは通り過ぎてどんどん歩き進める中でスーとなくなって行きますよね。

そういったものを見るな!といわれてもなかなか難しいですが、「あっあった」と思うだけですぐ目の前の別の風景に意識を向けるとスムーズに不快な気持ちをやり過ごすことができるよなぁ。
イラットしてしまったときは折に触れてそのことを思い出すようにしています。


神・時間術 脳のパフォーマンスを最大まで引き出す [ 樺沢紫苑 ]

スポンサーリンク

-雑学
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ミックスナッツ

スポンサーリンク 糖質が気になったりダイエット中の場合で小腹が空いたとき、ひたすら我慢するのもありですが、それはそれでストレスがかかり、自律神経を乱してしまうかもしれません。 そういった場合には、ナッ …

眠気覚まし

スポンサーリンク 自宅のリビングで一人机に座って黙々と作業していると、突然、ふっと眠気が湧き上がってくることって多々あります。 以前は、眠気覚まし対策として、ブラックコーヒー飲んでみたり、ガムをかんだ …

富士山

WiFi 繋がらない

スポンサーリンク 今週月曜から3日間、富士山のふもとにある休暇村富士に行ってきました。   休暇村富士 ここは休暇村の中で年間稼働率No1なんですね。 かれこれ今回が3回目でご用達してます。 今回も2 …

ストップウォッチ

だらだらしてしまう

スポンサーリンク 机に座って作業をしようとしても、 ついついネットサーフィンをしてしまったり、口が寂しくなって甘いものを食べてしまったり、気になる漫画の続きを読みだしたり・・・・ 結局やろうと思ったこ …

歯ブラシ 除菌

スポンサーリンク 貴方の歯ブラシ 買ったのいつだか憶えてますか?   歯磨きはもちろん大事。 でも、歯ブラシの除菌を忘れてないですか?   私もこれ、気になってました。 でも、話題 …

スポンサーリンク



管理人の「ひで」です。(・∀・)都内某所で駐車監視の仕事をしている50代です。どこでもいつでも寝れるのが取り柄ですが、最近は、信号待ちで意識を失ったりも・・・睡眠を自己コントロールするのが今の課題です。

スポンサーリンク



<!-- SublimeStore start -->
<a href="http://f001.sublimestore.jp/trace.php?pr=prepare&sid=13902&aid=2617&itm=9114&drf=15609&bn=1&rd=https%3A%2F%2Fk-juku.net%2F&pbsid=0" target="_top">
<img src="https://f002.sublimestore.jp/show.php?task=show&sid=13902&aid=2617&ttl=0&drf=15609&bn=1&sz=440&dps=no" width="120" height="60" border="0" alt="K塾30期 (クレジット一括)">
</a>
<!-- SublimeStore end -->