さなぎはいつかアゲハになる

「一ミリの努力」を出来る人が結果を出せる 井村雅代コーチのこの言葉が好きです。

睡眠

朝 決めた時間に起きる方法

投稿日:2020年11月15日 更新日:

スポンサーリンク

ここずーと朝決めた時間に起きれたり起きれなかったり。
起きれない方が多い感じ。
ほんの少し前だと、どんなに寝るのが遅くても起きれてたのに。
原因不明。
そこで、思い当たる朝決めた時間に起きる方法をあれこれ試してみました。

・寝る前のコーヒーをやめてみる。
・スマホの置く場所を変えてみる(布団⇒畳)
・枕を使うのをやめてみる。
・寝る前の食事を少なくしてみる
・寝る時の姿勢を変えてみる(左向き、仰向け)
・起床訓練をしてみる。
・就寝時に、明日は○○時に起きようと強く意識してみる

などなど
やってみてうまく行ったら継続、でもその後寝坊、で他の方法試してみる。
あるいは以前やってみたことをもう一度試してみたり。
その結果、どれも決め手なし。

そこで、過去の睡眠記録(起床時間)をざっと眺めてみた。
すると、
ほぼ一カ月前に、起床時間を30分ほど遅くしたあたりから寝坊し始めた感じ。
なら、当時の起床時間に戻してみるか?
いやいやそんなことが原因とは思えない。
そもそもあれは、息子から一人の時間が欲しい(彼が寝る前に私が起きてくると、その時点で一人の時間がどうも崩されてしまうようだ)と言われたから。

そう思いだした時に、ふっと気づいた。
当時の私はというと、私が起きる⇒息子がまだ起きている⇒息子が寝る⇒私が一人起きている
この一連の流れが好きだったはず。
華麗なる家族のバトンタッチ。
だから、起きる時間を徐々に早めて、息子が寝る時間の前に起きたい!
そういった欲求があった。
それが、息子には逆に支障があったため、起きる時間を遅らせました。
私としては不本意ですが、息子の希望を無視するわけにはいきませんから。
また、息子が起きている時間に起きるというのはベターではありますが、マストではない。
だから、息子が寝た後に起きても本質的には問題なし。
ただ、この微妙な変更により、私が早く起きたいという意味が薄れてしまったようです。
「ようです」というのは他人事みたいないい方・・・
いや、違う。
息子がいる時間に起きたい!
これは強烈な本能に近い意志。

ところが、正直なところ、早起きして作業をするというのは、私の中ではマストな欲求じゃない。
別に時間通りじゃなくてもいい。
そこで、もしかしたら、以前のように戻しても息子が気にしなくなってるかも?
と期待して、息子に聞いてみた。
結果はノー・・・
つまり、自分が寝る前に起きて欲しくないまま以前と変わらず。

仕方がない。
他人を変えるのは無理なので、自分が変わらないと。
ならどうする?
別の、決めた時間に起きないといけないイベントを作るしかない。

そこで考えたこと。
起きた後のスケジュールを決め、寝坊したら、過ぎた時間のイベントはしない。
こうした時間割作戦ならどうか?

例えば、1時までに掃除をすることにして、1時過ぎに寝坊して起きたら掃除はしない。
いや、それならラッキーって思う自分がいなくもないな。弱い。
なら、mixiのコミュニティの仲間のブログのブログランキングを毎日クリックするのを、寝坊したらやらないことにしたらどうか?
毎日クリックしたら、コメントで仲間に報告することになっているので、寝坊するとこれができなくなる。仲間に申し訳なくなる。
他人に迷惑がかかるとなるとこれは結構強いモチベーションになるはず。
もちろん寝坊してもクリックして報告することは可能。でもこれを絶対しないというのを厳格に守るようにすれば、徐々に、罪の意識が出てくるはず。他の仲間はしてるのに、自分だけで来てない。
速効性には欠けるけれど、徐々に逆コンバージョン的な効果が出てくるはず。
ということで、明日から寝坊したら、mixiのクリックしません。

スポンサーリンク

さて、昨日(土曜日)の睡眠結果です。

■超短眠1086日目
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
本 眠:21:40-03:00(05:20)寝室 布団
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■いびき情報(スコア不明)
いびきアプリをセットせず寝てしまいました。

-睡眠

執筆者:

関連記事

うっかり爆睡してしまったシチュエーション

スポンサーリンク 雑誌VOCE(ヴォーチェ)でうっかり爆睡してしまったシチュエーションの調査結果があって、結構笑える。 調査対象の年齢幅や男女の内訳、職業などは不明ですが、いかにもありがちというものか …

二度寝対策

スポンサーリンク 昨年しばらく使ってなかったら、いつの間にか二度寝が常態化してしまいました。 これはいかんと思って、以前使っていた二度寝対策アプリ(過去記事⇒目覚ましアプリ おすすめ)を昨年末から再開 …

ウェイトブランケット

スポンサーリンク ウェイトブランケット 別名快眠ブランケット ブランケットは毛布の意味です。 体重の1割前後の加圧刺激で副交感神経が活性化し、ストレスホルモンのコルチゾールが減少するそうです。 これ、 …

寝る前の軽い運動で疲れが取れる

スポンサーリンク 睡眠関連の記事などを読むと、寝る前に軽いストレッチなどの運動をするとぐっすり眠れて疲れが取れるという内容を目にします。ところが、現実には睡眠で疲れが取れるのではなくて、軽い運動で取れ …

酒を飲んで寝るのは気絶と同じ

スポンサーリンク お酒を飲んで酔っ払ったまま寝ると、翌日、妙に寝不足になるという経験ありませんか? ショートスリーパー育成教会理事長の堀大輔によると、アルコールは先進を倦怠感に包み込むだけでなく、のう …