さなぎはいつかアゲハになる

「一ミリの努力」を出来る人が結果を出せる 井村雅代コーチのこの言葉が好きです。

睡眠

ストレスと睡眠時間

投稿日:

スポンサーリンク

あくまでも私の場合です。
空でしてるような長年慣れた生活習慣を変えるとたちどころに睡眠が乱れます。
強烈なストレスで睡眠時間が増えて、起床が乱れて寝坊

具体的には睡眠時間。

今朝がそう。
起きたら4時過ぎ!
このところずぅっと1時代をキープできてたのに!
5時間以上も寝てしまいました。
アラームは1時20分でした。

 

何を変えたのか?

  • デスクワークでブルーライトカット眼鏡をしなかった。
  • ノートパソコン用のパソコンスタンドを使わなかった。(机に直置き)

変えた理由、

作業中の眠気は作業中の環境が原因という仮説
確かに作業中の眠気はなくなった感じ(始めたばかりなのでまだ確信は持てず)

 

でどうするか?

変えたのを継続するか

あるいは元に戻すか?

 

生活に変化をつけるのは絶対に必要だと思う。

なぜなら自分が変わらなくても環境が変わる。
自分は変えたくなくても体は変わる。

 

新陳代謝の衰えとか、

食欲の減退とか

年齢とともに不可逆的に変わらなるを得ない肉体的変化には抗せないので。
ということで、継続します。

スポンサーリンク

さて、昨日(月曜日)の睡眠結果です。

■超短眠1634日目
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
本 眠:22:57-04:00(05:03)寝室 布団
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
布団で就寝以外の仮眠は除いています。

■いびき情報(スコア9)


※アプリ(いびきラボ)停止時間との誤差があるので、上記数値と画像の数値は一致しない場合があります。

スポンサーリンク

-睡眠
-,

執筆者:

関連記事

睡眠と聴覚

スポンサーリンク 朝起きて二度寝することは少なくなりましたし、夜、いつの間にか寝落ちして気づいたら明け方ということも少なくなりました。 が、以前だめなのが、起きようと思った時間に起きれないということ。 …

武田鉄矢さんの不眠解消

スポンサーリンク 睡眠・早寝早起きランキング 人気ブログランキングへ 自律神経の研究で有名な順天堂大学の小林弘幸先生の関連動画をユーチューブで探しているうちに、いつの間にか机で椅子に座ったまま寝てしま …

睡眠改善薬

スポンサーリンク 睡眠改善薬は医薬品ですが、医師の処方が必要な医療用医薬品(睡眠薬、睡眠導入剤)と違って市販でも購入可能なOTC医薬品(一般医薬品)です。 【指定第2類医薬品】リポスミン 12錠 ×3 …

北枕

スポンサーリンク 寝る時の姿勢 仰向けや横向きで寝起きが変わるか何度も試してみましたが、今のところ確かな答えが見つからずです。 結局どの姿勢でもタイマーが鳴ってから2時間もたってようやく目が覚める。 …

「調子がいいから頑張る」は良くない!?

スポンサーリンク 帰宅後に寝落ちするというのがどうしても改善されないので、日本ショートスリーパーの短眠メソッド説明会に参加してみようと思い先程申し込みを済ませました。  ↓ https://short …