さなぎはいつかアゲハになる

「一ミリの努力」を出来る人が結果を出せる 井村雅代コーチのこの言葉が好きです。

睡眠

早起きする方法

投稿日:

スポンサーリンク

前回は、夜寝る前にコーヒーを飲む効果の話をしました。科学的なエビデンスは知りませんがw
今回はその続きです。

実は数日前に、タレントの小島よしおさんのニュースをたまたま読む機会がありました。
そこでは、小島さんがなかなか早起きできなくて困っていた時に、小島さんのお父さんに早起きする方法・コツを教わり、それ以来、4時30分でも起きれるようになった記事が紹介されていました。

小島さんがおとう様から教わった早起きのコツとは?

早起きをしたい前の日の夜、布団に入って寝る前に「明日は〇時に起きる!」って声に出してから寝る

です。

いわゆる心の目覚まし時計ですね。

この方法は、私が読んだ睡眠に関する本やネット情報で知っていたので、私も過去に何度か試しては見ました。

ところが、ハッキリとした効果は実感できずに終わってしまって、3日坊主でした。

しかし、この寝る前に明日起きる時間を意識することにちょっと工夫をして機能寝たら、無事予定した時間よりも10分ほど早く起きることに成功したんです。
その工夫した事とは、

明日起きる時間と、起きてからすることだけを意識して寝るように努める

でした。

過去に何度か試した時は、ここまで徹底してやっていませんでした。
何となくやらされ感もありましたし。

しかし、昨日は本当にそのことだけに意識を集中するように努力しました。いざやってみると、どうしても関係ないことに意識が移りそうになることが何度もありましたが、そこで気持ちを引き締めて、明日起きる時間とそれ以降に何をするか?それを実際にしている自分のイメージなどに意識を戻して眠りにつきました。

同じことをしているはずなのに結果が違うということって日常でよくありがちですよね。
あるいは、隣り同士なのに繁盛する店とそうでない店があったりもします。
この違いは徹底度じゃないかと改めて実感した次第です。

やらされ感でやる

なんとなくやる

やり方を工夫してやる

やってみてうまくいかなかったら抜け漏れがないかを探して再チャレンジする

おなじ「やる」でも中身は千差万別です。
やってみたけどダメだったで終わらすのではなく、もしかしたらやり方が間違っていたのかもと思って粘り強くとことんやってみる。それでもだめなら自分には合わなかったと諦める。
そういった覚悟を時には必要なんだなと思いました。
ただし、今回たまたまうまくいったのかもしれません。
今夜以降も引き続き試してさらに深堀したいと思います。

スポンサーリンク

さて、昨日(日曜日)の睡眠結果です。

■超短眠1450日目
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
本 眠:21:40-02:00(04:20)寝室 布団
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■いびき情報(スコア3)


※アプリ(いびきラボ)停止時間との誤差があるので、上記数値と画像の数値は一致しない場合があります。

スポンサーリンク

-睡眠
-,

執筆者:

関連記事

睡眠改善薬

スポンサーリンク 睡眠改善薬は医薬品ですが、医師の処方が必要な医療用医薬品(睡眠薬、睡眠導入剤)と違って市販でも購入可能なOTC医薬品(一般医薬品)です。 【指定第2類医薬品】リポスミン 12錠 ×3 …

眠くなる理由

スポンサーリンク 日常生活の様々な場面で眠くなることは誰でも経験されているかと思います。 例えば、   電車で座席に座って揺られているとき、 長時間の会議で一方的に説明を聞いているとき 予定 …

適正な睡眠時間とは

スポンサーリンク 参議院選挙が終わりました。 午後7時半現在の投票率が30.11%   前回3年前に比べて6.03%減。   有権者の3人に1人以下・・・   あまりにも …

満腹になると眠くなる理由

スポンサーリンク 食後はウトウトと眠気が出やすいという経験はありますよね? あれは、消化のために胃腸に血液が集まり、それにより脳の血液が少なくなるからとか言われていますが、脳だけでなく、手足への血液も …

電車 眠くなる

スポンサーリンク 一定のリズムで心地よく揺れる電車内。 たまたま席が空いて座ったりするといつの間にか眠くなって、気づくと横の人に寄り掛かってしまい、横の人に小突かれて気まずい思いをする。 そんな経験っ …

スポンサーリンク



管理人の「ひで」です。(・∀・)都内某所で駐車監視の仕事をしている50代です。どこでもいつでも寝れるのが取り柄ですが、最近は、信号待ちで意識を失ったりも・・・睡眠を自己コントロールするのが今の課題です。

スポンサーリンク