さなぎはいつかアゲハになる

「一ミリの努力」を出来る人が結果を出せる 井村雅代コーチのこの言葉が好きです。                                         [広告] 当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

睡眠

眠気が取れない

投稿日:

スポンサーリンク

現在1月25日から布団で寝れてます。

こいつ何言ってんだ?って思った方が大半かと思うんですが、私にとってはとっても嬉しいことなんです。

なぜなら、ずーとずーと布団で寝れず、リビングで寝落ちする日々が続いていたので。

 

 

原因はわかりません。

日中、駐車監視員の仕事で6時間、20キロ以上歩いてるから疲労で眠いんじゃないか?という理由もないわけじゃない。
けどそういったことも長年やってると体が慣れてくるわけですよ。

だから、それほど疲労感ももうなし。

それに、疲れたのと眠気とは別物だと単眠の掘大輔先生もおっしゃってますから。

 

ということで、何とか寝落ちしないようあれこれ試行錯誤してきましたが、なぜか、今年2020年になってから寝落ちしない日がちらほら出てくるようになり、なんと1月25日以降は継続して布団で寝れてるというこの事実。

 

いまだに何がきっかけかわかりませんが、この調子を崩さずに継続したいと切に思っております。

 

ただ、これにはちょっとずるいことがあるんです。何かというと寝落ちは未だにしてるということ。

 

どういうことか?

 

寝落ちはするけど、真夜中に目が覚めて、やばいってなって慌てて布団で寝るという状態です。
昨年までは、起きたら朝、朝まで寝落ちしてたのが、今は、深夜に目が覚める。
これでは布団で寝れてますと、自信満々でいうのははばかれるわけです。
ただ、それでも以前の自分に比べればかなり嬉しい。

だからこそ、寝落ちせずにきちんと布団で寝れるようにする。
これが今の自分の緊急使命なんです。

今までもいろいろ対策を講じてきました。

自宅にまっすぐ帰らずにコーヒーショップで作業する。

 

 

コーヒーを飲む

椅子に座らずに立って作業する

好きなドラマを見る

好きな漫画を読む

 

 

などなど

単発で効果があったかなと思う事もありましたが、結局続かず、最後は寝落ち。

そこで、今回新たに基本に戻り、注目したのが、やっぱり寝落ちしてしまうのは日中の疲れが取れないからでは?

ならその疲労をどうしたらいいか?

ということを思ったら、以前読んだある本のことを思い出したんです。

そこに書かれていた疲労を取るやり方、これをやってみようと思ったんですね。

長くなったので、続きは次回でします。

 

 

さて、昨日、日曜日の睡眠結果です。

超短眠807日目
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
本 眠:02:08-05:20(03:12)寝室 布団
仮眠1:23:30-03:00(03:30)リビング 床
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

結局この日も寝落ちですわ・・・・(*´Д`)

スポンサーリンク

-睡眠
-, ,

執筆者:

関連記事

眠気を発生させる行動を探し当てる

スポンサーリンク 超短眠を実行する上で何が問題か?その理由は人それぞれですね。 私の場合、夜帰宅した後に突然やってきます。 最初は夕飯を食べると眠くなるのかなと思って夕食を食べないようにしました。そう …

眠れない時 飲み物

スポンサーリンク 世の中には、夜なかなか眠れない方が多いそうな。 眠りたくないのに転寝してしまう私のような者にとっては、これ大変羨ましいと思ってしまいます。   が、それは上滑りをねたんでる …

睡眠時間 長い 短い

スポンサーリンク たいていの場合、いつも自分がとる睡眠時間は○○時間というのがあるのではと思います。 朝起きた時、睡眠時間が長いとか、短いと思う場合、このいつもの睡眠時間に対して長いのか短いのかと判断 …

夫婦 睡眠

スポンサーリンク 睡眠ストレスで離婚? アメリカ疾病予防管理センターによると、健康を保つには7時間睡眠が必要だが、35%は7時間以下だそうです。 あれ? まだ睡眠時間を気にしてるのか。 私なら睡眠時間 …

福山雅治 睡眠

スポンサーリンク たまたま聞いた福山雅治さんのラジオ番組。 福山さん、   夜寝るときに   アイマスク マウスピース マスク   そして、耳栓をして寝ることもちょくちょ …

管理人の「ひで」です。(・∀・)都内某所で駐車監視の仕事をしている50代です。どこでもいつでも寝れるのが取り柄ですが、最近は、信号待ちで意識を失ったりも・・・睡眠を自己コントロールするのが今の課題です。

スポンサーリンク



スポンサーリンク