さなぎはいつかアゲハになる

「一ミリの努力」を出来る人が結果を出せる 井村雅代コーチのこの言葉が好きです。                                         [広告] 当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

睡眠

眠気を取る方法

投稿日:

スポンサーリンク

堀大輔さんのこちらの本で、絶賛眠気を取る方法を絶賛実践中です。(* ̄ー ̄)

ここにある、うっかり眠ってしまったときにその原因と対策を立てるというのがあって、本を読む前に渡しの課題だったことを挙げると

 

・通勤の電車内で寝てしまう(ほぼ100%Rw)

・帰宅後にいつの間にか机で本格的に寝てしまう

 

というのがありました。

電車内では対策としてひらめいたのが「ひと駅ごとに下車する」ですが、これは自分でもびっくりするくらいに成功しまくりですヾ(*´∀`*)ノ
こんな単純な行動でこれほど変わるものかと我ながらびっくりしています。
本当に長年の懸案事項でした。自分だけじゃなくて周囲の乗客の方にも多大な迷惑をかけていると思うと本当に気分が滅入る毎日でしたので。まだ初めて一週間も立っていませんが、確かな手応えですので引き続き継続します。(・∀・)b

 

しかし、帰宅後の寝落ちについては対策が確立せず。
「超短眠!」を読み直してみて、2ヶ月で7時間睡眠から3時間睡眠を2ヶ月の短眠カリキュラムでタッセされた生徒さんと講師の方の日記を読んでコーヒーナップの話がありました。

私も前から実行していたコーヒーナップですが、ちょっと認識が違う点を発見。

 

私の認識だと、コーヒーを飲んだ直後から20分以内に仮眠をするでしたが、食後の満腹からくる睡魔をコーヒーナップで回避するには、「食前にコーヒーを飲み、食後に仮眠をとることで、食後の睡魔を防止できます。」との講師のアドバイスが有りました。
それだと食事を取っている間に20分立ってしまいそうだなぁと思ったのですが、まずは書かれてある通りを愚直にやってみようと思い先程試してみました。

まず、食事の前にコーヒーを飲むというのはよくよく考えてみるとありませんでした。やってみてちょっと新鮮で、そのせいか食事中も目がシャキッとする感じがしました。

そして、夕食後に早速仮眠を実行。
残念ながら最後まで意識があり熟睡モードには行かず。でも通常だと夕食後にうとうとしそうな「予感」がありますが、現在まで目がぱっちり。

ちなみに、今までは、夕食後、しばらく様子を見てちょっと眠くなりそうだなぁとか、眠くなってからなんとか踏ん張って眠いのを我慢した後でコーヒーナップを行っていました。

飲むタイミングを変えるだけでこんなにも結果が変わるものなんでしょうか?
まだ、初回なので手放しで喜ぶのは早いですが、とりあえず一回目は大成功です。
こちらも引き続き継続して結果を中止したいと思います。

 

さて、昨日の結果です。
超短眠6日目
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
本 眠:01:30-04:00(04:30)
仮眠1:13:15-13:30(00:15) 成功
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
成功は仮眠時に意識を失うレベルまで熟睡したことを意味します。失敗はその逆

スポンサーリンク

-睡眠
-, ,

執筆者:

関連記事

長すぎる仮眠は睡眠リズムが崩れる

スポンサーリンク 前回は、風呂上りに仮眠して、そのまま寝るのではなく、作業してから本眠をしたことを紹介しました。(⇒風呂上りに仮眠してみた) 昨日はその二日目でした。 結果、 寝起きが悪く、起きて椅子 …

眠気覚ましのカフェイン効果をさらにアップする方法

スポンサーリンク 眠気覚ましの手っ取り早い飲み物といったらコーヒーですよね。 コーヒーに含まれるカフェインが眠気を取り除いてくれるからですが、コーヒーを飲んだときはしばらく目が覚めるけれど、また眠気が …

寝不足 肥満

スポンサーリンク 睡眠時間が短くなると太る。睡眠不足は肥満の原因になる。 そんな記事を読んだことないですか? 起床している時間が長いと、それだけエネルギーが必要になるからお腹が減る。という理由ではない …

性行為後の睡眠が男女で違う

スポンサーリンク 性行為の翌朝。 女性がスッキリした表情でイキイキしているのに、男性の方はげっそりした表情で生気を吸い取られたような倦怠感が・・・ そんな映画やドラマのシーンってありますよね。 あれは …

睡眠障害

スポンサーリンク 森喜朗元首相の鶴の一声で挙がった東京オリンピック時のサマータイム制度導入ですが、様々な問題や課題があるということでとん挫した模様です。 1時間ならまだしも、2時間も早めようとするのは …

管理人の「ひで」です。(・∀・)都内某所で駐車監視の仕事をしている50代です。どこでもいつでも寝れるのが取り柄ですが、最近は、信号待ちで意識を失ったりも・・・睡眠を自己コントロールするのが今の課題です。

スポンサーリンク



スポンサーリンク