さなぎはいつかアゲハになる

「一ミリの努力」を出来る人が結果を出せる 井村雅代コーチのこの言葉が好きです。

睡眠

睡眠誘導

投稿日:

スポンサーリンク

睡眠薬は知っていますが(名前を知っているということ)、似たような言葉で睡眠誘導というのがありますね。

主に使われるのが睡眠誘導薬

ところが、この睡眠誘導薬で調べてみると正式にこの名称で販売されている商品は見当たりません。

たぶん、睡眠改善薬や睡眠時間導入剤のことじゃないかなぁと思います。

で、この睡眠改善薬と睡眠導入剤ですが、実はかなり違います。

 

大きな違いは、

睡眠改善薬の方は、薬局やドラッグストアで購入できます。

一方の睡眠導入剤睡眠薬と同じ扱い。
つまり、医師の処方が必要で薬局やドラッグストアでは入手できません。

これは、同じ薬でも効果が違うからでしょう。

 

睡眠改善薬の方は、寝つきが良くないとか、眠ってもすぐに目が覚めてしまうといった軽度の不眠症に効果がある薬。

ところが、睡眠導入剤は、より効果が大きい反面副作用も強いので、患者が自己判断で服用すると合わなかったりすると副作用が出てしまいやすいから危険ということですね。

 

で、睡眠導入剤の方はここまででおいて置いて、睡眠改善薬の方。
こちらはOTC医薬品という呼び方がどうも正式なようです。
(これに対して、睡眠薬や睡眠導入剤は医療用医薬品という呼び方になります。あ~ややこしい(*´Д`))

このOTC医薬品は一般用医薬品とも言われますが、このOTCとは「Over The Counter」の略。
これは、対面販売で薬を販売することを意味します。

そうなると、一般用医薬品よりもより具体的でわかりやすいですね。
(ちなみに一般用医薬品は、以前は大衆薬とか市販薬とか呼ばれていました。ある意味、市販薬の方が日本語的でわかりやすいのですが・・・ああぁ~ややこしい)

 

で、ここまで読んだ方の中には、

あれ?

医薬品には医薬部外品とか、第一類医薬品とかってあるよね。それとの違いはどうなの?
って新たな疑問を持たれた方もいらっしゃるかも。

はい、その疑問ごもっともなんです。

ただ、ここで一旦切らないと私も混乱しそうなもので(*´Д`)

それは次回に

一応、OTC医薬品の睡眠改善薬ではこんなものがありました。

  ↓

 

 

さて、昨日(木曜日)の睡眠結果です。

超短眠634日目
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
本 眠:23:30-05:45(06:15)リビング 床
仮眠1:13:00-16:00(03:00)リビング 床
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

昨日は平日ですが職場が全休でした。
日中はエアコンなしで過ごしたのですが、やたら蒸し暑く、思う様に作業がはかどらず・・・

午後はたっぷり昼寝をとってしまいました。というか蒸し暑さで起きていられなかった。
で、夕方外に出たら、なんと外の方が涼しい!
熱中症にかかる人の多くが屋外ではなく屋内というのをニュースで聞きましたが納得しました。

熱中症までは行きませんが、この連日の猛暑で思った以上に体力を消耗したようです。

スポンサーリンク

-睡眠
-, ,

執筆者:

関連記事

寝る時にできる寝坊防止対策

スポンサーリンク 朝寝坊しないためには、予定した時間に目が覚めるためには、夜寝る時に「明日は、○○時に起きるぞ!」と意識するとよい。 これ、結構よく言われますよね。 私も寝坊が続くとこれを意識して寝る …

耳栓 効果

スポンサーリンク 私の記憶違いでなければ、福山雅治さんは耳栓して寝てるとラジオで話したはず。(マスクとアイマスクはするけど耳栓はしない?あるいはヘッドフォンだったかも。うる覚え) あるいは、「耳栓 芸 …

夜眠くなる 原因

スポンサーリンク 夜に眠くなるのは当たり前。 そう思いますよね。 ところが、これって実は思い込みかもしれませんよ。 朝起きて日光を浴びると起床ホルモンのメラトニンセロトニンが分泌されて目が覚めます。そ …

飴と鞭で二度寝防止を試してみる

スポンサーリンク このところ、起床後の二度寝が治らない。 せっかく決めた時間にパッと起きれるのにもったいない。 これでは、一旦起きても眠いならまた寝ていいんだ、そう脳が勘違いしてしまう。 何とかしない …

食後対策

会議 眠い

スポンサーリンク 会議というのも眠くなりがちです。とりわけ、発言する機会がなく一方的に膨張する場合、眠気はさらに起きやすいでしょう。 まず、発言する機会がある場合は、積極的に発言することで、会議に参加 …

スポンサーリンク



管理人の「ひで」です。(・∀・)都内某所で駐車監視の仕事をしている50代です。どこでもいつでも寝れるのが取り柄ですが、最近は、信号待ちで意識を失ったりも・・・睡眠を自己コントロールするのが今の課題です。

スポンサーリンク