さなぎはいつかアゲハになる

「一ミリの努力」を出来る人が結果を出せる 井村雅代コーチのこの言葉が好きです。                                         [広告] 当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

健康

食後 眠気 原因

投稿日:

スポンサーリンク

食べた後は眠気が出やすいといいますし、実際私もそうでした。

が、睡眠関連の本を読んでいくうちに、ちょっとした工夫で食後の眠気を予防することも可能だと知りました。

 

 

◆コーヒーナップ

食事の前、際中、食後、にブラックコーヒーと柑橘系の果物を食べる。

果物は主にグレープフルーツとオレンジのどちらかです。
一緒だとカフェインの吸収がよいと聞きました。

実際どうなのかわかりませんw
が、こういった理由でもないと私の場合、果物を食べることはなくなりそうなので、継続しています。

ちなみに、カフェイン入りのコーヒーは眠気対策としてはポピュラーですが、
実際に効果があるとされているのは食事による睡魔だそうです。

会議とか運転とかでは本来は効果があることは医学的には証明されていないんだとか。

ただ、コーヒーを飲んでいるという事実からプラシーボ効果で眠気が抑えられるということはあるかもしれんが。

 

◆簡易ダイエットグッズで血流を良くする。

よく、食後は血液が胃腸に集まるので頭の血液が足りなくなり眠くなると聞きますが、それほど血液が胃腸に集中するわけではないそうです。以前読んだネットか何かで知りました。

ただ、血流が悪くなるというのはあるそうなので、食後に運動することは血流が悪くなるのを防いでくれるので効果があると聞いてストレッチとかスクワットとかやったりしたんですが、今一つ実感がありませんでした。
先日、他の用事で百均に行ったら偶然これを見つけて衝動買いを。

ハンドグリップ
ウエイトはいろいろあったのですが、
中で一番重い25キロを選びました。

これを曲げるのを見て、
筋トレオタクの息子が、「レバーの下はぴったりとくっつけないとだめなんだ」と押してくれました。
ただ、私の場合は筋肉をつける主な目的ではなくて、眠気防止だったので、それほどがっつりやるつもりはなかったのですが。

これは、たちどころに血流がよくなるのか、
食べた後のぼやぁ~とした憂欝神無みたいなのがあったのが、ふっと消える感がして効果ありとみています。
なのでこちらも絶賛継続中です。

探し物がすぐに見つからなくても、こうして、しつこく「無いかなぁ~」と思い続けていると、そのうちに無意識かでもアンテナが張られて、そういったものがあると見つけやすくなる。
これは経験則でそうだと思ってることの一つです。

さて、金曜日の結果です。
超短眠308日目
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
本 眠:23:00-04:30(05:30)リビング 床
仮眠1:11:35-11:40(00:05)会社
仮眠2:14:35-14:40(00:05)会社
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

スポンサーリンク

-健康
-, ,

執筆者:

関連記事

熱中症

熱中症対策

スポンサーリンク 昨日、職場で一緒に組んで巡回していた仲間が、 途中で気分が悪くなり、脱落。 その足で病院に行ったら軽い熱中症だそうです。 最初は、「胃がむかむかする」 って言ってたので、食当たりかな …

副交感神経を活発にする「爪もみ」

スポンサーリンク 小林弘幸先生の交感神経の本 なぜ、「これ」は健康にいいのか? 副交感神経が人生の質を決める [ 小林弘幸(小児外科学) ] とても参考になりますね。 今までダイエットや糖質制限の事ば …

糖質を減らす方法

スポンサーリンク 年末年始は何かと食べすぎる傾向にあるといいますが、すでに私の体重は高止まりの状態です。 このままでは、これから息子の誕生日や実家に年末年始帰省、長期休暇と食べすぎてしまう環境がさらに …

no image

湯船につかるメリット

スポンサーリンク よく、日本人はお風呂好きって外国の方には言われたりしますよね。 (外国人の知り合いがいないので、実際のところはわかりませんが、個人的にはありかなと思います) 特に、ある程度高温度のお …

隠れ疲労

スポンサーリンク 隠れ疲労ってあるんだぁ~。 本当は疲れてるのに、達成感とかやる気がその疲労を自覚させないようにしちゃってる状態。 たまにニュースで報道される突然死。 あれって、そんなになるまで働かな …

管理人の「ひで」です。(・∀・)都内某所で駐車監視の仕事をしている50代です。どこでもいつでも寝れるのが取り柄ですが、最近は、信号待ちで意識を失ったりも・・・睡眠を自己コントロールするのが今の課題です。

スポンサーリンク



スポンサーリンク