さなぎはいつかアゲハになる

「一ミリの努力」を出来る人が結果を出せる 井村雅代コーチのこの言葉が好きです。                                         [広告] 当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

睡眠

眠気覚まし

投稿日:

スポンサーリンク

眠気覚ましで一定の効果が今あるのは、私の場合はコーヒーナップです。
これは、眠気を感じる前がより効果的です。

眠気を覚ますという行為は、歩いているのとは反対の方向に後戻りするのと似ていて、すでに眠気を感じた時点ではかなり先に行き過ぎている。したがって、引き返す距離も長くなり目が覚めにくい気がします。

自覚するよりも前に実際には眠気が起こっていると考えれば、まだ眠くないなぁという時点で、コーヒーナップ、すなわち、コーヒーを飲んですぐに20分ほど目を閉じてじっとするというほうが寄り効果的だという風に考えています。

 

ところで糖質制限を知るようになってびっくりしたのが、糖質をとると空腹感が寄りますというくだりです。それまでは、お腹が減る=体がお腹が減っている、と疑わなかったので。糖質制限の書籍によれば、おなかは足りているのに、血糖値がアップダウンすることで頭が空腹だと誤解するからなんだそうです。
確かにシメのラーメンって、十分に飲み食いしたはずなのに食べたくなっちゃいますよね。それは直前に必要以上の投資酢をたっぷり摂取したからなのかぁと考えると合点がいくことが多々ありました。

そこで、それをふと眠気で置き換えて考えたら、実際には睡眠は足りてるのに何らかの理由で眠気を感じるということがあってもおかしくないかなぁと。それならば、かなり眠気がやって来て、どうしようもなく感じたのに、かくんと舟をこいだ瞬間とか、仲間から予期せず呼びかけられたりしたみたいな何らかのきっかけで一瞬で眠気が去ってしまうというあの経験もなんとなく納得がいくんですね。でもそういったことに関する研究結果とか検索しても見つからないので実際のところはよく分かりませんが。

いずれにしても、うとうと眠くなったからといって睡眠が足りてないと早合点するのは正しくないかも(たぶん正しくない)と思うようにしています。というのも私は余計な睡眠は極力排除して、睡眠を出来るだけコントロールしたいと常々思っているからです。

 

先日、私が済んでいるアパートの住人の方が出られました。
引越しです。引越しは、今ある荷物を新居に移動させるという以外に、移動できない荷物は処分する場合もありますね。特に地方から首都圏に引っ越す場合は部屋が手狭になる可能性が高いので。
でも捨てるという選択肢以外に、物置を借りるという方法もあるんです。

トランクルームサービスです。

持ちきれない家電や家具、収納をどうしようか・・・・外に物置をレンタルするなんてお金がかかりそう・・・・って知らないと思っちゃいますが、意外とそうでもありません。月々1500円から利用できます。
引越しサービス業者にも一時に持つ預かりサービスとかありますが、万単位とか結構高くついてしまいます。餅は餅屋がよいようです。

スポンサーリンク

-睡眠
-, ,

執筆者:

関連記事

睡眠カフェ

スポンサーリンク 睡眠カフェなんてのがあるんですね。 東京は大井町 なんと、   ネスカフェ フランスベット ハイレゾ音源対応スピーカー   癒されたい系の人はちょっと気になるなぁ …

食後の眠気防止策

スポンサーリンク 食後に眠くなるのは、食べたものを消化する際に胃腸に血液が集まって、脳の血液が少なくなるからだとか聞きます。 実際のところはどうなのかわかりませんが、眠気と血流って結構関係がありそうで …

寝る前の2分間のストレッチで寝起きが良くなる

スポンサーリンク 寝る前の軽いストレッチがいいという話を聞いたことがありませんか?たった2分間でも驚く効果を実感できます。 試しにやってみたら確かに違いますね。睡眠中は体温や血圧が下がり、血流も悪くな …

「選ぶ」や「探す」は意外と脳が疲れる

スポンサーリンク 今日は、年に数回の自己研鑽と言う名目の研修でお昼で仕事は終わりました。 帰宅途中で、コンビニ数店に寄りスイーツを物色したり、百均で備品や雑貨を探したり選んだり。 なんだかんだで会社を …

二度寝防止策

スポンサーリンク 夜の就寝が布団で寝れるのとは反対に、休日の朝の起床がコントロールできません。 これ、つまり、嫁さんに起こしてもらわないと起きれないってことですね。 私の理想は平日、休日関係なく毎日同 …

管理人の「ひで」です。(・∀・)都内某所で駐車監視の仕事をしている50代です。どこでもいつでも寝れるのが取り柄ですが、最近は、信号待ちで意識を失ったりも・・・睡眠を自己コントロールするのが今の課題です。

スポンサーリンク



スポンサーリンク